九段ビューティークリニック
金の糸は、一度入れたら10年あなたの肌に若さと美しさをもたらします。
金の糸とは 金の糸の特長 当院の特長と価格 Q&A Before&After クリニック紹介
Before & After
Before&After
モニターになって頂いた方々です。ご協力有難う御座いました。
症例1(フルバージョン 、44歳)
術前 気になること
1目の下のタルミ
2.ほうれい線
3.輪郭、口元のタルミ
4.シミ、肌全体のくすみ
2ヵ月後 1.目の下の改善
2.ほうれい線の改善
3.輪郭・口元の改善
4.顔全体のキメ・ハリ・ツヤの改善 美白化
 本人  ある程度の改善はわかったが、写真ほど変わっていたとは気づかなかった。              2ヶ月前の顔をすっかり忘れていた。

内山   フルバージョンならではの効果だと思います。キメ・ハリ・タルミ・シワなどの変化は
誰が見ても明らかですが、御本人は術前の写真を見るまでは実感が希薄だったようです。
このような事は、しばしば認められます。毎日鏡を見ていますと、少しずつの変化の積み重ねに気付かないのも理解できます。一つだけ解せないのが、鼻すじが高くなっていることです。 隆鼻術は行わなかったので、何故このような結果を得たか全く持って不思議でなりません。
症例2(フルバージョン 、32歳)
術前
1年6ヶ月目
術前
6週目
1年6ヶ月目
術前 気になること
1目の下のタルミ、小ジワ
2.ほうれい線、口元のシワ
3.難治性ニキビ.
1年6ヵ月後 1.目の下のハリ
2.ほうれい線の改善
3.新しいニキビは生じていない
本人 何をやっても治らなかったニキビが出来なくなった。
目の下のハリは自分でもよくわかる。口元も良くなった。

   内山  初めて金の糸を知ったとき、「5-10年効果がある」という言葉をにわかには信じられなかったのですが、本症例をはじめ中期に入った方々を見ますと、やはり時間とともに改善しており金の糸美容術の力を確認できます。
また、改めて思うことは「金の糸の効果は美肌」ということです。
症例3(フルバージョン、38歳)
術前 気になること
1.目の下のクマ・小ジワ
2.ほうれい線
3.ほほ・鼻の毛穴
3ヵ月後 1.目の下の改善
2.ほうれい線の改善
3.毛穴の縮小
 本人 目の下のハリが出た。毛穴が小さくなった。化粧ノリがかなり良くなった。
友人から「何かしたか?」とよく聞かれる。

内山 目元のくすみ(クマ)や拡大した毛穴の治療は意外と難しいものですが、
本症例のように改善を認めることはよく経験します。
            
症例4(フルバージョン +ニードルリバブレイジョンR 、64歳)
             術前                        3ヶ月目                   6ヶ月目
            
             術前                         3ヶ月目                     6ヶ月目
術前                         3ヶ月目                       6ヶ月目
首拡大所見
  
                術前                                      1ヶ月後

                3ヶ月                                      6ヵ月後
術前 気になること
1目の下のシワ
2.ほうれい線
3.口元のタルミ・シワ
4.シミ、肌全体のくすみ
5.アゴの”梅干”シワ
6.首のシワ
6ヵ月後 1.目の下の改善
2.ほうれい線の軽度改善
3.口元の改善
4.顔全体のキメ・ハリ・ツヤの改善 美白化
5.首のシワの改善
6.”梅干シワ”の改善
7.額のシワの軽減 シミの希薄化
 本人  ずっと悩んでいた首のシワが薄くなった。こんなに早く(3ヶ月目)良くなるとは思っていなかった。
アゴ、上唇のシワも薄くなった。
会う人全てに、「若返った。きれいになった。」と言われる。
6ヶ月経って以前を良く覚えていない。 口角の部分を更に良くしたい。

内山   ・首のシワは引っ張る以外なかなか良くする手段がないのですが、金の糸とニードルリバブレイジョンRなら上記のように良くなります。
・写真ではわかり辛いのですが、肌質もかなりキメの細かいハリのある肌になりました。
・小ジワの改善もよく分かります。
・アゴや上唇はリフトでは中々改善しませんが、金の糸美容術なら写真のような結果を得ることが出来ます。
・シミは時間がかかると思っていましたが、フルバージョンは私の予想以上に早く薄くなるようです。
・3ヶ月目と半年目との大きな変化は認められませんが、よく見ますと
 ①更にシミが薄くなっている
 ②目の下と首が若干改善
 ③また右のほうれい線も少し浅くなってる。 の変化を認めます。
症例5(他施設術後→フルバージョン 、47歳)

他施設1年6ヵ月後(殆ど効果無しとの事)
フルバージョン7ヵ月後

 
術前 気になること
1首のシワ
2.ほうれい線
3.あごのシワ
7ヵ月後 1.首のシワの改善
2.ほうれい線の軽度改善
3あごのシワの改善

 本人  2年前に他施設で金の糸を顔・首に入れたが、1年半経っても殆ど変化無かった。
再度金の糸を入れ、改善を得られたので良かった。

内山   一度他施設で金の糸を入れましたが、殆ど効果が見られないとの事で来院されました。レントゲン写真を撮ってみましたが、確かにわずかな金線しか入っておらず(およそ顔・首で2m)、 御本人と相談の結果、再度金の糸(フルバージョン)を行ないました。
術後は7ヶ月経過した時点でのものです。
私のミスで化粧を落とさず写真を撮ってしまいましたが、ほうれい線・アゴしわの改善を認めます。首のしわはかなり良くなりました。縱ジワは明らかに消失、横ジワも薄くなっています。やはり、金線量と効果は相関すると再確認できる症例です。

症例6(フルバージョン + ニードルリバブレイジョンR  、62歳)
術前 術後4ヶ月

 
術前 気になること
1首のシワ
2.ほうれい線
3.おでこ・眉間のシワ
4ヵ月後 1.ほうれい線・口角の軽度改善
2.おでこ・眉間のシワの改善
3.毛穴(特に鼻)の縮小

 本人  肌全体にハリが出た。法令線やおでこのシワが薄くなった。

内山   ・ニードルリバブレイジョンRはほうれい腺と口角に行いました。
・肌質はキメが細やかになり毛穴の縮小を認めますが、これは、ニードルリバブレイジョンRの効果ではありません。金の糸の本領発揮といった部分です。
 法令線や全額・眉間のシワは顔の中央にある分だけ、変化が微妙でも
 見た目として変化以上に年齢を反映させやすい部分だからかもしれません。

症例6(部分挿入:首、肥厚性瘢痕 20歳)
術前     術後6ヶ月
術前 気になること
1首のシワ・色素沈着
      
         
6ヵ月後 1.シワの軽度改善
2.色素沈着は不変
 本人  首のシワが薄くなってきた。

内山   ・首の変化は時間がかかります。
・シワに一致して存在していた色素沈着はなかなか改善しません。
・若干ですが、首全体の色調が白くなっています。
瘢痕に沿って金糸を埋入 6ヵ月後:瘢痕は成熟してきました。
右の金糸は翌日抜けてしまい、そのまま経過しました。 6ヵ月後肥厚性瘢痕はさらに増強しています。
上の左との差は明らかです。
術前 気になること
1傷跡の盛り上がり・赤み
6ヵ月後 1金の糸の入っている方だけ改善
2.金糸無側は傷が軽度増悪

 本人  ・金糸の入っている左だけ平らになって驚いた。

内山   ・私自身、肥厚性瘢痕の改善が起きるとは強く期待していませんでしたが、血流量増加が
傷の成熟を促進するかも知れないとの予想で埋入しました。今後症例を重ねたいと思います。

            症例7(ライトバージョン 顔・首 34歳)
     
   
    術前 気になること
1.目の周りのくすみ
2.ほうれい線
3.鼻の毛穴の開き
6ヵ月後 1.くすみの改善 軽度のハリ
2.ほうれい線の軽度改善
3.鼻の毛穴は不変
4.頬の”ふっくら”感
 本人  目の周囲のくすみが薄くなってうれしい。

内山   ・本症例は目の下のクマだけでなく、内側と上眼瞼にもクスミがありました。
 目の下だけでなく内側にも金の糸を入れたところ、上記のような結果を得ました。
    症例8(金の糸フルバージョン(顔・首) + ニードルリバブレイジョン®口角、42歳)
                             
術前 1ヵ月後
術前 1ヶ月目
毛穴の縮小
シミの改善
  本人:1ヶ月しか経過していないが、顔全体が明るくなった。

  内山:まだ1ヶ月しか経過していないのに、ここに紹介した理由は
  ①毛穴の縮小
  ②シミの改善
  ③ほうれい腺の変化の始まり  を認めるからです。ご本人は③には気づいていらっしゃいません。私も写真で比べて初めて気付きました。
 
  ①~③はフルバージョンの効果であり、ニードルリバブレイジョン®とは無関係です。
  
  ニードルリバブレイジョン®後の右口角の赤みがまだ少し残っています。
    症例9 手 46歳 男性
私(内山)の右手です。
外傷後の色素沈着と成熟した瘢痕が残っています。
この色沈を中心に金の糸を埋入しました。
1.5年経過した状態です。
・色素沈着の軽減が認められます。
いわゆるキメも細かくなっています。
    症例10 手 48歳 女性 左手反射性交感神経ジストロフィー(カウザルギー)で左手の手首のみ埋入。


左手首のみ金の糸を埋入、3ヵ月後
肺炎で点滴を左手に差した際神経損傷を被り、灼熱痛を来たすカウザルギーという神経痛が残ってしまいました。血流障害が原因の一つとも言われていますので、血流改善目的で左手のみ金の糸を入れた3ヵ月後の状態です。神経痛は2週間で消失しました。皮膚の改善目的ではありませんでしたが、3ヵ月後金の糸を入れた左手甲部皮膚の変化を認めました。

 左 手(金の糸施術側)

右 手(施術なし)
ご本人の感想は「”張り”が出た」とのことでしたので、以下の手順で確かめました。
① 両手の甲を指でつまみ、同時に離す。


② 手を離した直後の皮膚の状態を観察する。

左手はすぐに元の状態に戻ります。

右手は赤丸線の如く、皮膚が拠れた状態が残っています。
症例10 (ライトバージョン:顔・首に金線のみ刺入 、42歳・男性 最重症アトピー性皮膚炎
 術前:鼻以外はほぼ強い発赤と掻痒・疼痛     3ヵ月後 顔の赤み・痒みはほぼ消失      4,5ヵ月後首・顔肌の改善                                                                           

術前:皮膚の発赤・掻痒・一部掻破による糜爛形成 生え際の後退 眉毛部毛数減少
                                           

3ヶ月目(2006.11):生え際の毛量増加 眉毛部増加 金の糸未入部の上眼瞼の発赤・掻痒も改善
    4,5ヶ月目(2006.12):正常に近い皮膚に成りつつある
術前 重度のアトピ―性皮膚炎
1.ほぼ全身に病変あり
2.疾患発生18歳
3.IgE:20000以上
4.ステロイド軟こう・プロトピック使用中
5.ステロイド内服中:
 プレドニン2,5mg/4日
術後1週間 1.痒みは術当日からかなり軽減した 
 当日から外用薬を中止できた
3ヵ月後 2.顔の痒みは消失 赤みもかなり改善した
3.首はたまに軽度の痒みあり
4.四肢・体幹の症状も軽減
5.IgE:20000以上
6.ステロイド内服・外用中止 
 保湿のためニベアのみ使用
7.顔の皮膚そのものの改善 
 金の糸が入ってない上眼瞼の発赤も改善
8.首の皮膚外観:赤みのみ改善
9.眉毛部、有毛部(生え際)の毛数増加

 本人  痒みから開放された生活は夢のようである。本当に嬉しい。

内山   ・症例は私の弟です。20年以上続いたアトピ―性皮膚炎は自己流治療の結果、一時は社会生活はおろか日常生活困難な状況まで行きました。
4年前アトピ―性皮膚炎の専門医による治療が始まってかなり改善しましたが、外用薬は常時使用
、ステロイドは漸減して来ているものの、まだ服用中の状態でした。

・アトピ―性皮膚炎に金の糸を用いたきっかけは、花粉症を有する方が金の糸美容術を受けた後、同疾患の症状が改善していることに気付いたからです。当初は”たまたま”と思っていましたが、事前に花粉症の有無を確認し、経過を追うと多くの方にやはり改善が認められました。

・元々金は、リウマチなどに用いられ免疫疾患に有効なことから、花粉症の改善も十分理にかないます。私はその後、免疫疾患に対し十分なインフォームドコンセント(説明と同意)の後、金の糸による治験を重ねてきました。

・上記の経過中、花粉症などの治療成績や、金の糸美容術を受けた方が抱えていた鼻炎や喘息が改善するを見て、アトピー性皮膚炎に対する有効性を予想しました。そして重度アトピ―性皮膚炎に苦しむ家族に治療を行なった訳です。まだ数ヶ月ですが上結果です。

症例を見て金の糸美容術に関与する所見は、
①顔の改善が首より強い 
②3ヶ月では形の変化は起きていない 
③育毛が認められた  等です。これらは

金の糸美容術において首の変化は時間がかかる事を支持するものと捉えています。
形の変化が見られないのは、吸収糸を入れていないことと、長期炎症の結果皮膚がかなり厚くなっていることが原因と思います。眉毛、髪の毛の生え際に育毛が見られたことは、金の糸によって
皮膚の血流が改善しているからと考えます。またこの事象は今後、禿髪の治療に応用できる可能性があることを示唆しています。

・現在までに治療を行なった疾患は以下の通りです。
花粉症・アトピ―性皮膚炎・アレルギ―性皮膚炎・アレルギ―性鼻炎・気管支喘息・
関節リウマチ・通風・金属アレルギー(金アクセサリー)・SLE様病変・重度肩こり

・また金の糸美容術を受けた方で慢性副鼻腔炎(蓄膿症)の改善も結果的に認められました。

・リウマチに用いる金製剤は有効なことがわかっていても、金塩による副作用の問題から第1選択にはなりえません。固型金を用いる金の糸美容術だからこそ副作用が無いと安心して出来ることは、大いなる長所と思います。

・金の糸を”美容”ではなく”治療”に用いることはまだ左程時間が経っていませんし、数も少ないので、その適応などは慎重に考えなければと思っています。しかし本症例のように大きな苦しみを持つ方にとって、治療の可能性を広げることが出来たらとの思いで、確立されている訳ではないと承知の上報告いたしました。

また
金の糸治療術は、特にアレルギー疾患に苦しんでいる方にご検討頂きたいのですが

①金線のみを使用する
②まだ金の糸美容術のような世界的歴史が無い
③しかしより多くの患者さんに御検討していただきたい

の理由で、金の糸美容術とは別の価格で行なうつもりです
詳しくは当院アトピー性皮膚炎サイトをご覧下さい。


| 金の糸とは | 金の糸の特長 | 当院の特長と価格 | Q&A | Before&After | クリニック紹介 | 千代田区 九段北 九段ビューティークリニック
東京都千代田区九段北1-3-1 P.Uビル3階 TEL:03-3511-1330  FAX:03-3511-1311 まずはご連絡下さい。
Copyright(C)kudan beauty clinic. All Rights Reserved