何故レーザー脱毛のほうが良いの?A
内山院長
相談者
ふさ子さん
Next
BACK
院長:  はい、その通りです。医療機関でレーザーを脱毛に使う理由は、それが適しているからです。適している=抜けがよく、合併症がほとんどない=成績が良い、ことを表しています。ところがこのレーザーは医療機関にしか設置出来ない法律があるのです。
ふさ子:  一部のエステでもレーザー脱毛って説明してるって聞いてますが、違うんですか?
院長:  エステでレーザー??本当ですか?ありえません。機器業者から売ってもらえませんよ。
ふさ子:  へんなの・・・では医療機関以外では何を使っているのですか?
院長:  ほとんどがIPL(アイピーエル)です。フラッシュライトとか、フォト何とか、とも呼ばれています。
ふさ子:  私、そのIPLとかレーザーの違いがわからないんですけど。
院長:  下図を見てください。極簡単に言えばレーザーは一種類(単一波長)の光であり、IPLは様々なタイプの光の集まりです。
医療レーザーにも種々あります。炭酸ガスレーザー、ルビーレーザー、色素レーザー、YAG(ヤグ)レーザー、アレキサンドライトレーザーなどがあり、それぞれ使用用途が異なります。レーザー脱毛には、脱毛に適したアレキサンドライトレーザーやダイオードレーザーなどを使っています。
一方、IPLは様々な光が「束」となって皮膚に当たります。その中に脱毛に用いる光も含まれているから脱毛にも使っているんです。
ふさ子:  それならIPLも良いような気もするんですけど・・・
院長:  ところが脱毛用以外の光は、もともと皮膚のコンディションを上げるためのもので、肌への影響が強い。だから強く当てられないんですよ。強く当てるとやけど等のトラブルが起きてしまうかもしれないからです。結果的に弱く当てざるを得ない。
ふさ子:  だから抜けが劣る?
院長:  そう。
ふさ子:  でも、ワキとかはちゃんと脱毛できてるって聞きますけど。
院長:  それは毛が太いからですよ。
ふさ子:  ええっ?? 毛が太いから抜ける? どういうことですか?


東京都千代田区神田神保町4-10-10 大行ビル4階 TEL:03-3511-1330
Copyright(C)Uchiyama kudan clinic. All Rights Reserved